手術の方法

インプラント

インプラントは顎の骨にボルトを埋め込み、そこに義歯を固定する手術なので、骨が薄かったり骨量が少なかったりすると受けられません。インプラント手術を行うには、おおむね幅6ミリ、厚さ10ミリ程度の骨が必要と言われています。しかし骨量が足りなくても、骨移植という方法を用いれば、インプラント治療は可能です。前歯か奥歯か、上の歯か下の歯かによって術式は異なりますが、支えになる骨を貼り付けて固定し、骨の厚みを確保するのが基本的な方法です。自分の骨を移植する場合は、腰の骨や脚・膝の骨、または親知らずの奥の部分の骨などを使います。当然ながら手術は全身麻酔で行われるので、痛みはありません。貼り合わせた骨は、やがてしっかりと定着します。異物ではないので馴染みやすいのが特徴です。自分の骨以外では、ハイドロキシアパタイトやリン酸三カルシウムなどの人工骨を移植する方法があります。また牛の骨から作られた充填剤で足りない骨を補う場合もあります。これらは骨を取り出す手術が不要なので、体への負担が軽いのがメリットです。骨移植ではありませんが、骨に亀裂を入れて自然に成長を待つ方法もあります。移植手術に比べて時間はかかりますが、仕上がりが綺麗になるというメリットがあります。このほか最近では再生医療の技術を応用し、成長因子を注入して顎の骨量を増やす研究などが行われています。

信頼できる病院で

インプラント

骨移植は全身麻酔下で行う本格的な手術なので、どこのクリニックでもできるわけではありません。設備の整っていない一般的な歯科医院では、骨量が少ないと「インプラントは諦めてください」と言われるのが普通です。インプラント治療を受けたいなら、移植に対応しているクリニックを探す必要があります。移植手術のリスクについても考慮しておきましょう。場合によっては手術後に痛みや腫れが出たり、感染が起きたりする可能性があります。また骨の定着に時間がかかり、本来のインプラント術がなかなか行えないこともあります。難しい手術だけに、成功するかどうかは歯科医師の技量に大きく左右されます。できるだけ過去の実績や症例数を調べて、技術力が高く経験豊富なクリニックを選ぶのがポイントです。インプラントは一度安定すれば、自分の歯と同じように物を噛むことができ、審美的にも優れた治療法です。まずは信頼できる歯科医師に相談してみましょう。

広告募集中